乳酸菌と歯周病って関係あるの?

近年、歯周病に乳酸菌がいい!なんていう信じがたい情報をよく小耳にはさみます。
これって本当なのでしょうか?
実際に調べてみましたので、参考になればと思います。

 

 

実は乳酸菌の中には歯周病に効果が期待できる乳酸菌があるそうなんですね。
それらは総称して「乳酸菌LS1」と呼ばれるそうなんですが、ビフィズス菌、フェカリス菌、ラブレ菌が挙げられるそうです。

 

 

LS1というのは、ラクトバジルス、サリバリウスのことをさしており、これらは私たちの口の中・唾液にある善玉菌なんです。
え、だったら唾液飲んでればよくない?と単純に思うのですが、これが現代人は不足しているようです。
そして、年齢を重ねるとともに唾液の分泌も減少してきます。
これらの理由によって、体外からサプリメントやガム、タブレットで摂取することが出来るようになったようです。

 

 

では、これらの乳酸菌は主にどのような働きを見せてくれるのでしょうか?

 

 

LS1には悪玉菌を溶かす作用があります。
悪玉菌を溶かし、善玉菌を増やす・・・といった働きが主な働きです。
なので、口臭が気になっているという方も、もしかすると悪玉菌が原因で歯周病の一歩手前なんて状態の可能性があります。
そんな方は、ぜひLS1に部類する乳酸菌を積極的に摂取してみてください!

 

 

この効果は実は研究でも明らかになっており、歯周病菌と一緒にLS1の乳酸菌を一緒に培養した結果、24時間後には歯周病の原因菌はほぼ死滅していたという報告もあるんです。

 

 

ここで、あまりしたくないけど効果が期待できるヨーグルト歯磨きをご紹介します(笑)

 

 

寝る前に歯磨きをするかと思いますが、この歯磨きが終わった後にしっかりと口をゆすぎ、そのあとに歯ブラシに無糖のヨーグルトをつけて、歯茎と歯の間をマッサージするようによく磨きます。
これはゆすいではいけませんので注意してください!
またヨーグルトも必ず無糖のものを利用するようにしましょう。

 

 

これで歯周病対策もばっちりですね!

関連ページ

乳酸菌と体臭はどんな関係が!?
乳酸菌って体臭改善に効果があるの?乳酸菌と体臭の関係性について調べてまとめてみました
乳酸菌と疲労回復の関係性
乳酸菌で疲労回復が出来ないのは真っ赤なウソ!乳酸菌と疲労回復の関係性について調べてまとめてみました